二次感染の場合

B型肝炎の二次感染というのは、一次感染とは違った経緯で感染してしまうことを言います。B 型肝炎給付金の対象者として二次感染者も含まれているため、要件を確認してみると良いでしょう。
自分自身が今B型肝炎ウイルスに持続感染しているというのが一つになります。また、自分の母親が一次感染者の要件をすべて満たしているというのも2つ目の条件として必要になってきます。そして母子感染であることが3つ目の条件になります。

ただしこれ以外にも給付金の対象となる要件があり、その一つ目が、父親の一次感染者となっており、この父親からの父子感染により持続感染者となった場合も該当します。そしてもう一つについては母親が一次感染者となっており、母親から生まれた持続感染者、要するに子供の立場となりますが、この子供からさらに母子感染して持続感染者となった方までが対象です。
ですから一時的感染者となった立場の方のお孫さんまでが、二次感染者として、該当するものとなっています。

このような条件が当てはまるのであれば症状にあわせて給付金が受け取れますので、書類をそろえて訴訟を起こしましょう。B型肝炎給付金を受けるための訴訟は決して難しいものではありません。ただし期間が定められているものですので、できるだけ早く行動を起こした方が良いことは確かです。

参考資料「弁護士法人アディーレ法律事務所
二次感染によるB型肝炎の給付金訴訟を手助けしている法律事務所です。